· 

ひこばえ通信3月号

  卒業、旅立ちの3月。高校生も中学生も進路が決まり、ホッと一息の時期。春からの新生活に向けてきりっと引き締まる思いもあるでしょうか。

 

子どもたちの中では、「春の鉄道会お出かけの行先はどうする?」「女子会したい」「逃走中はいつするん?」など、もっぱら遊びの計画に注意が向いています。昔、宿題に追われていた小学生が、「春休みが一番好きやねん。宿題がないからゆっくりできるし」と言っていましたが、何かに追われることなく、自らやりたいことをいろいろ企画してやってみる時間も大切な時間です。新年度を迎える前に、のんびり、ゆっくり楽しむ時間も持ってください。

 

 

 

2月より開催している発達障害サポート講座の中でも話したのですが、何か子どもの課題があるとき、日常生活ではつい、「あ~、また同じ間違いしてる」「いつも注意してるのに。何回言ったらわかるの!!」など、自分の主観で子どもを捉えてかっとなることはありませんか?「また」「いつも」という強調言葉は、その時の自分の感じ方、時間や気持ちの余裕のあるなしにも影響されることがあります。「本当にいつもかな?」「またって感じたのはなぜかな?」と自問自答で投げかけるだけで冷静になれることもありますので、はっと感じたときは、主観で判断していないか?事実なのか主観なのか分けて考えてみることを意識してみてくださいね。

 

 

 

語彙を広げるため、みんなにしてもらっているクロスワード。先日やったクロスワードに出てきた問いは、「まったく泳げない人を○○○○という」というヒントに、小学生が、そんなん簡単やという笑みを浮かべて「へたくそ!」と。次の日、別の子にもしてもらったら、「へたくそ!」とまた同じ答えが返ってきたので笑ってしまいましたが、「確かにへたくそかもしれないけどね…正解はかなづち」と説明すると「ふ~ん」とこれまた同じような反応でした。「夏も近づく○○○○○○○○」「○○○○○○はさらさらゆくよ 岸やすみれのレンゲの花に」の唱歌に出てくる歌詞も知らない子が多く、平成も終わりの今日、なじみがなくなっている言葉も増えたのかもしれないなあと感じました。クロスワードの本は今年購入した新しいものなのですが。現代の新しい言葉も古き良き言葉もアンテナを張って吸収できるといいなあと思っています。

 

 

 

学習会の予定  交流分析 学習会   3/25日(月)   PM.3:00~  

 

土曜日の予定  3月2日 16日 17:00~  4月13日 2717:00

 

お休みの予定  3月15日(金)  4/30(火)~5/4日(土)

 

サポート講座  家族編: 3/13/29日(金)10301200